平魚泳 Hirasakana Oyogu

タイコの平魚泳。パフォーマンスに寄せる想い。

Pocket

 

先日、先々日の週末に行われた、

2つのマルシェのステージでの演奏が

終わりました。

 

2つとも、

私、平魚泳の

タイコひとつで歌う舞台。

 

こんなパフォーマンスする人、

日本で数人しかいないし、

その知っている数人も、

やっぱり似て否なるものだよね。

 

 

天ヶ瀬の山の上にある公園でも、

別府の町中にある公園でも、

同じ楽曲でパフォーマンスしました。

 

 

僕の中にも、

その時期によって

いろんなモードがあるんだけど、

 

今回は、

タイコとウクレレの両方使って、

いろんな見せ方をする。

という選択肢は捨てて、

 

どうせ30分弱のステージ。

タイコひとつ、

勢いと、

「想い」を

シンプルに込めて歌おう。

 

と、

タイコひとつで30分のステージをしました。

 

 

小学2年生の息子が、

けっこう上手に、

妻のスマホで

楽しんで撮影してくれました。

 

定点カメラで始終を撮った

ライブ映像も、

一応、載せておきますね。

 

 

備忘録です♪

 

*************

 

概ね、好評いただけたような

印象でした。

 

僕は、

「エコ」とか「SDG’s」には

懐疑的な視点も持っていよう。

という視点です。

 

ポジティブも、ネガティブも、

越えるべき壁も、

解決すべき問題も、

「在るよね」。

僕らは創り出しながら、

それらを味わって、

生きているよね。

 

闇、病み。

 

みずから、

その身、その場で、

晴らし、癒し、

奮わせていけるように。

 

そんな想いで音楽をしています。

 

こんな僕でよかったら、

いろんな場所で、

歌い、踊り、響かせ、

響き合って。

 

そして、

世が、みんなが、

こんな僕の望みの通りに、

通っていけばいいなぁ…

 

そんな想いを描いています。

 

*************

 

さて、

今、僕は電車に乗って、

愛媛、高知、徳島へ向かっています。

 

風の音楽家という、

馬頭琴、ピアノ、平魚泳という

3人組で、火水木金と四国を巡ります。

 

2022.11.15~18 風の音楽家 【秋の四国ツアー】

 

もし、これを読んで、

足を運べる方が

いらっしゃいましたら、

ぜひぜひ!

 

お会いして、

響き合い、

「今」を一緒に運ぶことが出来たら、

とてもとても嬉しいです。

 

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    平魚泳の音楽。最新音源6曲「気の持ちようで」

    平魚泳の音楽はこちらから聴けます

    2020年から2022年にかけて大分の自宅スタジオにて収録。
    ウクレレを中心に、アコースティック楽器を中心に演奏。
    心地好い6曲の歌曲が聴けます。

    この記事を書いた人

    平魚泳

    ウクレレ弾いて、タイコ叩いて、笛を吹いて、歌う。詩人。音楽家。言葉の持つ力、音の持つ力を日々確かめています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    平魚泳の音楽。最新作は6曲「気の持ちようで」こちらから。

    平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
    PAGE TOP