平魚泳 Hirasakana Oyogu

2022.10.10 大分長崎鼻にて花使いライブ

Pocket

 

 龍神祭

 

 

大分県の北部、国東半島の北端に
長崎鼻という、さらに飛び出た半島があります。

 

歴史的には、昔、修験道であった
「行者洞穴」や、龍神様の祠があります。

 

そこが芋、麦などの畑だった、耕作放棄地を経て、
今、「長崎鼻リゾートキャンプ場」として整備され、
とてもアクセスしやすい、
花とアートの綺麗な場所になっています。
もちろん、祠などは祀られています。

 

そこで、
2022年10月8〜10(土日月祝)、
龍神花祭」が開催されます。

 

その3日目、10/10(月祝)の満月の夕べに
生け花作家の阿南妙和さんと
(3日間の祈りの献花作品制作の後)

 

【花使いライブ/創作民話と音楽 そして 祈りの花いけ】
として、17:30-18:30(17:00開場)に
即興の音楽と、生け花のコラボレーションを
お届けします。

 

長崎鼻リゾートキャンプ場 内
不均質な自然と人の美術館』前の広場で行います。

 

この日は満月。
いつもは17時で閉館する美術館が
夜まで開場されると聞きました。

 

館内の『太陽と月の部屋』は
太陽や月の光と
人の立つ位置を感知するセンサーが連動して
光が、立つ人に降り注ぐような体験のできる作品。

 

ワクワクしますね♪

 

 

7月に下見がてら、家族でキャンプに行きました。
初めて立ち入る行者洞穴に立ち入り、
もちろん笛を奉納しました。

 

 

【花使いライブ/創作民話と音楽 そして 祈りの花いけ】

 
とき:10月10日(月)(17時開場)17時30分〜18時30分
 
ところ:長崎鼻リゾートキャンプ場
       不均質な自然と人の美術館 前ステージ
 
ねだん:無料
 
【出演者】
供花菩薩:花草使い人 阿南妙和
演奏:平魚 泳
朗読:ミキル
 
長崎鼻の先端にある『龍神宮』の龍神さまを
『出会いと豊穣の恵の神』として、
その龍神さまへの献花という独自のイベントにしました。
創作民話を背景とした祈りいけばな制作を
ご覧いただく約1時間の舞台形式のイベントです。
会場は椅子席のご用意もありますが、
近くでご観覧希望の方は
レジャーシートなどをご持参ください。
芝生の上は自由にご観覧いただける場所となっています。
 
 

フライヤー

 

 

10月10日、長崎鼻で会いましょう!

この記事を書いた人

平魚泳

ウクレレ弾いて、タイコ叩いて、笛を吹いて、歌う。詩人。音楽家。言葉の持つ力、音の持つ力を日々確かめています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

平魚泳の音楽。最新作は6曲「気の持ちようで」こちらから。

平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
PAGE TOP