平魚泳 Hirasakana Oyogu

2022.10.04(火) やばけい秋の音楽祭

Pocket

 

僕の住んでいる、大分県の耶馬溪に、
10年来の友達が2人やって来ます。
2008年頃、ここいらへんの友人たちと、
化学反応のように知り合いました。

 

今も、とてもお互いにリスペクトしている
音楽仲間です。

 

 

ピアノの重松壮一郎さん

 

現在、長崎県の佐世保に住んでいて、
その場の空気を汲みこんだ即興演奏。
そこから組み立てたオリジナル曲。

 

僕が長年、ウクレレで辿り着きたい、
憧れのピアノです。(楽器が違うけどね)

 

年に数回
重松さんに加え、
馬頭琴の岡林立哉さんという方と僕で
「風の音楽家」
という名前で
バンドとしてツアーをしたりもしています。

 

 

カリンバ(親指ピアノ)のコイケ龍一さん

 

アフリカの親指ピアノ「カリンバ」を奏でるコイケさん。
彼とも2008年頃、
重松さん、岡林さんと共に知り合い、
一緒に演奏したり、
東京から移住した
岡山県の家にも、何度か遊びに行きました。

 

重松さんほど頻繁には会っていないので、
数年ぶりに一緒に奏でられるのが楽しみです。

 

 

↑こちらは
何年か前に、岡山でコイケさんと一緒に演奏した
宮沢賢治の「星めぐりの歌」。

 

 

↑ 重松さんと、コイケさんは
アルバムも一緒に製作したり、
頻繁に一緒に演奏しているようなので、
今回は、
重松コイケユニットに、
僕、平魚泳が加わる。
そんな感じになると思います。

 

ふたりで演るとこんな感じになるのかぁ〜
ピアノに親指ピアノ、これにウクレレだと、
つぶつぶの音が多過ぎるかな?
この曲は笛で参加しようかな?
3人の音の粒々が重なって、
無数の星を散りばめるか、
笛の長い持続音で、
宇宙の悠久感を奏でるか・・・。

 

わくわくしますね。

 

14年前に出会い、
東京で即興セッションしていた日々が懐かしいです。

 

お互い演り続けてきた14年余、
どんな音が鳴るか。

 

ぜひ、耶馬溪まで聴きに来てください。

 

 

やばけい 秋の音楽会
〜 平魚泳・コイケ龍一・重松壮一郎 LIVE!

 

◯とき:
2022年10月4日(火)

 

◯会場: 多機能型福祉サービス事業所「虹の道・工房たね」(中津市)

 

◯時間・料金
(昼の部)
14:00-15:00
2000円

 

(夜の部)
18:00-20:00
2500円

 

*小学生以下無料
*開場はいずれも30分前

 

◯出演
平魚泳(歌、ウクレレ、ジャンベ)
コイケ龍一(歌、アフリカ民族楽器)
重松壮一郎(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)

 

◎イベントの詳細
http://www.livingthings.org/schedule/221004_yabakei/

 

──────────────────
出店
──────────────────

 

■昼の部
cafe &gallery 方丈庵(コーヒー、酵素ジュース)
コペコペカナオ(天然酵母パン)

 

■夜の部
cafe &gallery 方丈庵(カレー、酵素ジュース)
スミビ珈琲(コーヒー)

 

──────────────────
ご予約・お問い合わせ
──────────────────

 

■オンライン予約フォーム
http://www.livingthings.org/schedule/221004_yabakei/

 

■平魚泳
tel: 090-9246-5841

 

──────────────────
会場へのアクセス
──────────────────

 

■多機能型福祉サービス事業所「虹の道・工房たね」

 

大分県中津市本耶馬渓町跡田1389(法岸寺)
*駐車場は400m先に公共駐車場があります

 

 

お問合せ、ご予約、平魚からも受け付けています

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    この記事を書いた人

    平魚泳

    ウクレレ弾いて、タイコ叩いて、笛を吹いて、歌う。詩人。音楽家。言葉の持つ力、音の持つ力を日々確かめています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    平魚泳の音楽。最新作は6曲「気の持ちようで」こちらから。

    平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
    PAGE TOP