平魚泳 Hirasakana Oyogu

The Ukulele Contest 4ALLに参加

Pocket

 

2022年7月から、9月いっぱいまで
参加者を募集している
ウクレレコンテストに応募しました。

 

1日1回、各部門ごとに
ハートマークを1回、
どなたでも押せるそうなので、
よかったらポチッと、
氣が向くたびに
押してもらえたら嬉しいです。

 

インスト部門に9月3日。
ソング部門に9月8日、エントリーしました。

 

ソング部門からは
「とけちゃう」by 平魚泳
というところを聴いてもらって
ポチッとしてくれたら。↓

インスト部門は
「夏の朝の廃校巡り」by 平魚泳
というところを聴いてもらい、↓

ハートマークをポチッと押してもらえたら
嬉しいです。

 

 

おだてられてノってしまったのです

 

後援で名を連ねている
大阪岸和田のウクレレショップ
オハナさん
「サカナさん、よかったらこのウクレレコンテスト、
エントリーしてみてくださいよ。
サカナさんみたいな、
ソロウクレレも、歌もいける人って、
意外といないんですよ。
両方にエントリーしてみたら
けっこうみんなに喜ばれると
想うんですよね」

 

などと、おだてられたのも勢いになって、
応募してみることにしました。

 

ぷろもーしょんが大事なんだけどね

 

個人的には
ソング部門にエントリーした
「とけちゃう」の方が、
ウクレレ業界、音楽業界、音楽への概念的にも
一石を投じるオリジナル曲であるとは想うのですが、
最初にインスト部門にエントリーして、
SNSで「みんなよろしくね」
などと言って、
つながりのある方々も、
面白がって、投票やシェアしてくれ、
その1週間後に
「ソング部門なるものにもエントリーしました。」
と言っても反応は薄いですよね(笑)

 

秀作であろうと、駄作であろうと、
多くの人に
触れてもらうところまで至らなかったら、
玉でも、石でも同じこと。

 

ぷろもーしょんですよね〜 先ずは。

 

でも、
そこに氣を取られて、
多くの人に触れ得るチャンスを得たときに
作品が、実力が、練習が、
すべてと一体になっている自分が
不十分だったら、
逆に、
多くの人の前で、
駄作、駄人の存在を
披露してしまうことに
なるんだよな・・・。

 

大きく見せることもしません。

 

気を衒(てら)うことも、もうしません。

 

着飾ることもしません。

 

自然な歩みで、
多くのみなさんと
出逢える音楽を
奏でていられたら
幸いです。

 

平魚泳の音楽。最新音源6曲「気の持ちようで」

平魚泳の音楽はこちらから聴けます

2020年から2022年にかけて大分の自宅スタジオにて収録。
ウクレレを中心に、アコースティック楽器を中心に演奏。
心地好い6曲の歌曲が聴けます。

この記事を書いた人

平魚泳

ウクレレ弾いて、タイコ叩いて、笛を吹いて、歌う。詩人。音楽家。言葉の持つ力、音の持つ力を日々確かめています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

平魚泳の音楽。最新作は6曲「気の持ちようで」こちらから。

平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
PAGE TOP