平魚泳 Hirasakana Oyogu

おばあちゃんの思い出

Pocket

 

おばあちゃんの思い出

 

高校3年生の冬

1月15日 祝日 成人の日
そしてあの日はたしか
センター試験の当日だったんだと思う
幼い時から
ずっと一緒に暮らしてきた
おばあちゃんが死んだ
 
進学も就職も
何も決めていなかった僕は
息を引き取った病院の近く、
冷たい北風の吹く砂浜に座って
「今頃みんな 受験がんばってんのかな・・」
なんてぼんやりと考えながら
青く晴れ渡って
ちょっとだけ春の気配のする
冷たく澄んだ空を眺めていた
 
防砂林の向こうでは
車の行き交う音
クラクションが響き渡り
向こう岸の工業地帯からは
相変わらず煙が立ち昇っている
 
いつもと同じような一日が
誰かにとって特別な日になることがある
ということを、初めて知った日だった
 
 
あれは小学校高学年くらいだったある日のこと
おばあちゃんが死んだ夢を見た
家族で食卓を囲んでいる
お父さん お母さん 弟
一人少ない静かな食卓だった
 
隣の暗い応接間にはおばあちゃんが居る
もう息を引き取って
二度と動くことのない
おばあちゃんが居る
 
そんな吸い込まれそうな暗い
隣の部屋の奥から
もう二度と動くことのないはずの
おばあちゃんが
おばけになって現れて
僕に話しかけてきた
 
僕はびっくりして
怖くて 恐ろしくなって
近づいてくる
おばあちゃんから
逃げた
 
「なおちゃん、起きなさい。朝ですよ」
 
元気なおばあちゃんの声で
夢から醒めた僕は
最初はひどく戸惑い 怯え、
それからだんだんと落ち着いて、
ほっと安心したのを憶えている
 
じつは
その後ずっと
こんな夢を見てしまったことに
後ろめたい気持ちを抱えていた
 
高校3年生の冬
あの日と同じその部屋で
本当におばあちゃんの亡骸を見つめている
あの日の夢を思い出して
「おばけでもいいから
もう一度おばあちゃんに会いたい。
おばあちゃんのおばけだったら
全然怖くないや」って
本気でそう思えたそのとき
初めて声を上げて泣いた
 

偶然にもおばあちゃんの命日に完成した

 
現在、一月中に6曲を
新たにリリースしようと、
12月からレコーディングを頑張り、
今、徐々にマスタリング作業を終え、
完成の段階に入っています。
 
 
毎朝、早朝に起きては
子ども達が起きるまでが、
勝負の時間です。
 
 
今朝、
この「おばあちゃんの思い出」を
細々と調整して
 
「完成だ!
そういや、おばあちゃんの命日、そろそろだよな。
今日、何日だっけ?
あれ、まさに今日だ!1/15だ」
 
と、若干興奮して、
だったら何としても、
今日中にyoutubeにも
静止画と歌詞だけでいいからupして
こちらのブログにも上げたい!
 
と、
いつもは就寝時間なのですが
頑張って書いています。
 
 
 

曖昧な記憶。確かな思い出。

 

高校3年生の冬、
元気だったおばあちゃんは
突然倒れ、
帰らぬ人となりました。

病院で
息を引き取った日は1/15。
祝日。昔は1/15は成人の日でした。

そして、
受験する気のなかった僕は
他人事だったので記憶が怪しいのですが
大学入試のセンター試験の日・・・
だったのかなぁ?

そんな曖昧な記憶をたどったお話です。

 

もうすぐ6曲アルバム完成します!

 

こんな
とてもワタクシゴトな6曲を
誰もの心の情景に
響いてくれることを夢見て
今、せっせこ作業をしています。

 

もう少しで完成します。

 

聴いてくれて、
みなさんの
それぞれの個人的体験の中に
少しでも響いてくれたら
嬉しいです。

平魚泳の音楽。2022年音源6曲「気の持ちようで」

平魚泳の音楽はこちらから聴けます

2020年から2022年にかけて大分の自宅スタジオにて収録。
ウクレレを中心に、アコースティック楽器を中心に演奏。
心地好い6曲の歌曲が聴けます。

この記事を書いた人

平魚泳

ウクレレ弾いて、タイコ叩いて、笛を吹いて、歌う。詩人。音楽家。言葉の持つ力、音の持つ力を日々確かめています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

次の記事へ

平魚泳の音楽。2022年作品6曲「気の持ちようで」こちらから。

平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
PAGE TOP