平魚泳 Hirasakana Oyogu

2022.08.20 フラなイベントのゲスト出演を終えて

Pocket

 

とんがり山のてっぺんDE

2022.08.20

京都宇治にある「とんがり山のてっぺんDE
という、自然食なレストラン、
雑貨販売、2階のスペースでは
ワークショップなどを行っている
とても素敵な1軒家。
 
そこへ、
コロナ禍以前の
2019年か2018年ぶりに訪れました。
 
このお店では、かつて、
ウクレレのワークショップ&Liveや、
ピアノと馬頭琴を奏でる友人二人と
年に数日のペースで演奏ツアーを行っている
風の音楽家」のコンサートを
行わせてもらったりもしました。
 
本当に
久しぶりに訪れることが出来て、
元気に暮らしている
お店の人や、
この地域で暮らす
友人知人、
またその繋がりから出逢う
新しい友達。
 
訪れることが出来て
好かったです。
 
 
この京都の
宇治、城陽あたりの地は、
土地柄なのか、
僕にとってのご縁なのか、
いろいろな楽しく、親しくなれる人達と
繋がって行くことができる。
 
僕にとって大切にしたい
素敵な土地になっています。
 
なので、
今回も奈良へ帰省する際、
久しぶりにこちらで知り合った方に
一応、
関西へ行く旨を伝えると、
ちょうどそのタイミングで、
ハワイ、フラを基調とした
イベントを8/22に企画しているとのこと。
 
ゲスト出演させていただく運びとなりました。
 
 

Leoというユニット

 
Leo」という
フラを創作するエミコさん(元々の友人)と
トゥルさんというギターと歌を担当する
お二人のユニットの
活動の一環で、
2ヶ月に1回のペースで企画されている
イベントだそう。
 
他にもゲストで
詩や朗読を普段からされている
「よろずや小うめ」さん。
 
そしてもうひとかた、
フラで踊られるミユキさん。
 
お客さんも、12人くらいだったと思います。
他にも何人かフラをされる方もいて、
朗読の小うめさんも
「ハワイの神話」などを読まれて、
ウクレレを弾くのに、
あまりハワイづいてない僕は
けっこうどんなことをしようか
悩みました。
 
悩んだ。というより、
出来ることはひとつしかなかった。
 
 

平魚泳の演奏はといえば・・・

 

2022.08.20 京都の宇治にて

 
だいたいこちらに書いた予定のとおり、
2018年にハワイ島へ行ったときの感想を語り、
移民で日本から渡ってきた
おじいちゃん、おばあちゃんが涙を流してくれた
日本の童謡、唱歌を歌いました。
 
しかも、何気に緊張していたらしく、
ある程度話した後、
「おぼろ月夜」を歌おうとしたら、
しょっぱなの歌詞を忘れてしまい、
客席から教えてもらうという・・・(笑)
 
 
いやいや、恥ずかしかったです。
 
 

 

もう1曲はオリジナル曲を歌い、
これも、ハワイの社会的な現状、
それは今の日本の現状も同じ・・・。

 

そんな気持ちで「明るい未来」という、
廃墟と化した文明の先の
明るい未来を想い描いた詩を歌いました。

 

この曲は、これからレコーディングしようと想っています。
録画はありません(笑)

 

さらに、
あたたかいアンコールもいただき、
もう1曲、候補として考えていた「月の沙漠」
↓ハワイで歌った映像です。

 

 

最後にもう1曲。

 

ハワイだ何だとコンセプトを立ち上げられても、
この想いに至らないコンセプトに
左右されるわけにはいかない・・・。

 

じつはけっこうこれが僕の
本音だったりしています。

 

そして、
みんなも。

 

僕らはみんな
「幸せな道がずっと続いている」と
歌いたくて生きている。

 

それは僕の核心として確信していることです。

 

みんなで歌えてよかった。

 

 

しあわせな道を歩むみちすがら、
しあわせな道を歩んでいる最中の
みんなと逢えてよかった♪

 

また逢いましょう。

コメントは受け付けていません。

Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

平魚泳の音楽。最新作は6曲「気の持ちようで」こちらから。

平魚泳の音楽を聴く 音源を視聴 arrow_right
PAGE TOP